日大アメフト。選手にも問題はあるが、一番の問題は監督。権力者はみな謝るのが下手である。

日大アメフト部のタックルした選手について

タックルした選手はここで大きな騒動になるとは思っていなったでしょう。しかし、あのタックルはスポーツの舞台を借りた暴行だと思います。例え監督の命令は絶対だったとしてもです。スポーツで鍛えた巨漢が無防備な選手に後ろからぶつかればどうなるか、日ごろタックルしたりぶつかる練習をしているからこそ、想像はつくと思います。ぶつかりあうことを生業としているプロレスラーですら、時に大けがをすることもあるにも関わず、原付バイクが後ろからぶつかってきたようなものです。

日大アメフト部の監督について

一番の問題は監督だと思います。自分の権力を利用して選手に悪質なタックルをさせる。スポーツの指導者として最悪です。
今回の騒動では、騒ぎを収めるために謝るタイミングはいくつかあったと思います。
まず、試合中。
やりすぎなかな、と思ったらゲームが止まった時選手に注意し、すぐに謝る。
そして、試合終了後。
先ほどのプレーは冷静に思い返せばさすがにやりすぎました、と謝ることもできたでしょう。
そしてマスコミが騒ぐ前、動画サイトで問題になり世間がザワザワしだした時。
ここできちんと謝罪し、今後の対応について相手に真摯に謝罪すれば、マスコミはここまで騒がなかったはずです。
マスコミはどんなに問題の行為だったとしても、この先あまり世間が盛りがらないと思えば、取り上げない因果な職業です。
そして最後のタイミングは、マスコミが騒ぎ始めたとき。
今回の一件はここで記者会見をしているわけですが、謝罪の仕方に問題があったと思います。
監督は、自分はすべての責任です、といいながら、肝心の出した指示に関しては「書面で報告します」と言っていました。
これでは一度騒ぎ出したマスコミが納得するわけがありません。
マスコミは、世間を煽り、盛り上げることが最大の目標であるため、これ以上マスコミに突っ込むポイントを与えるべきではなかったのです。
謝罪会見をするまで十分準備する時間があったはずです。危機管理の専門家や弁護士に意見を求め、これまでの様々な騒動を参考にツッコミどころのない完璧な返答を用意していなかったのでしょうか。
それとも政治家と同じように「書面で報告します」とすれば納得すると思ったのでしょうか?
マスコミは政治家をあまり怒らせると今後の取材に圧力がかかるため、政治家相手にはほどほどで追及をやめますが、この監督を怒らせたところでマスコミにはこの先、政治家を怒らせるほどのデメリットもないため、追及をやめるはずがないのです。

政治家もそうですが、権力を持っている人間はみな、謝るのが下手です。
結局最終的に追求されて認めることになるのだから、最初から潔く自分の非を認め、きちんと正直に話し、謝罪すべきです。
へたに事実を隠し、自分を正当化する部分を残すので、ダラダラと問題が長引くのです。
さっさと認めてしまえばマスコミも満足し、問題は沈静化に向かうでしょう。
今回の監督は謝るタイミングを誤り、中途半端な対応をしてしまったため、どんどん追及が激しくなってしまいました。
今後、大学の理事としてのポジションも失うことになるのではないか、と私は想像しています。ゲイビデオ出演の発覚の井上奨コーチもキチンと謝罪して欲しいです。

主婦が仮想通貨を始めてみました。結果は?

パートをしている主婦です。
仮想通貨投資に興味はありましたが、ギャンブル的なイメージと詐欺っぽい話もきいたので手を出さずにいました。
きっかけは2017年初めにブロックチェーンに関する本を読み、何となくしか理解できずもう少し勉強しようと思い、いくつかの書籍と少し仮想通貨を勉強代と思い買ってみよう思いました。
ブロックチェーンの仕組みを調べていくうちに、複数のブログから仮想通貨の買い方を知ることができ、主婦とはいえ、あまりチャートに張り付いているわけにもいかないので、毎日自動で取引してくれるサービスのあるZaifで口座を開きました。
当初はビットコイン、ネム、モナコインをそれぞれ月1万円程度で設定し積立をスタートしました。
その後イーサリアムを追加されたためイーサリアムを含め、月3万円程度を分散して投資しています。
月に1万円だと毎日300円ちょっとずつ買い足してくれます。
金額によって手数料がかかります。
毎月どの通貨にいくら設定するかもすぐに変えることができます。
2017年は右肩上がりで価格が上昇したため、利益は出ていますが、もともと長期投資のつもりで始めたので利益確定せず含み益です。
2018年に入り価格が下落しておりますが、私の場合は手数料を考慮してもまだプラスのままです。
右肩上がりとはいえ、暴騰と暴落を繰り返していましたが、ドルコスト平均法という毎日一定の金額を買い増す方法なので一喜一憂せず見守っておりました。
結果、含み益があることと取引に時間を使わないため、積立投資以外でもトークンやアルトコインについて勉強し投資できる余裕ができました。
毎月投資できる金額が決まっており、中長期的な投資を目指しているのであればZaifの自動積立投資はおすすめです。
後は暴落時に買い増す用に少し余力を残しておけるといいかもしれません。

これから仮想通貨に投資する人は、まず仕組みを少しでも勉強してから始めることをお勧めします。
そうするとビットコインを始めそれぞれの通貨はどのような仕組みで何を目指しているかわかってくると思います。
投資したい通貨を選ぶことが重要だと思います。特に仕事や家事等で日々忙しく過ごされている方は、デイトレードのように短期売買は難しいと思いますので、長期的にみて投資してみようと思う通貨を選んだり、新たに作られた通貨の中から選定することで利益が出やすいと思います。
後は相場がどうなるかわからないので、余剰資金で始めた方がいいと思います。
私は勉強と思い始めた投資ですので、余剰資金の中で最悪なくなってもいいかと思いスタートしました。
今は1年近く積立投資してきたのでなくなるのは悲しいですが、それでも生活には影響のない範囲での投資としています。
仮想通貨投資はセイキュリティ面でも注意しなければいけない点が多いので、やはり自分でリスクも理解した上で、投資しましょう。
まだまだこれから実用化されていく仮想通貨ですので、遅すぎるとこはないとおもいます。
今後が楽しみな通貨もたくさん出てきています。数年後を楽しみに仮想通貨投資を始めてみてはいかかでしょうか?
以上です。

専業主婦が元手10万円で仮想通貨を始めたら、コインチェックの不正流出が起きた話

私が仮想通貨投資を始めようとしたきっかけは、夫が2017年11月にビットフライヤーでビットコインを購入し、12月に暴騰したあたりのタイミングで売って上手く儲けていたこと、またネットの情報などで、「億り人」になった、という内容の話をよく目にしたことから、「これは、主婦でももしかしたら簡単に儲けられるのか…?」とお金に目がくらんでしまったことが大きな理由です。しかし、夫は慎重派なので、「やるなら勉強してからにしなさい」と言われた為、自分なりにネットや雑誌などで簡単にですが調べ、始めることにしました。私が投資しようと思った通貨はリップル。なぜかというとまず小さな元手でお金を増やしたいなら現時点で安い通貨を買った方が良いと思って、安い通貨でどれが良いか探したところ、ビットコインは今一番主流となっている仮想通貨ではありますが、問題点として送金のやり取りに時間がかかるが、リップルは送金速度が速く使いやすい為、今後世界の銀行でも取り入れられ広く使われていくようになる可能性がある、という事を言われている為、今後はリップルが主流になるのでは?と思ったからです。また、主婦向けの「ママリ」というアプリで見知らぬ人の投稿ですが、「仮想通貨を2016年から始めて億り人になっている。今年はネムとリップルをガチホするぞー!」という呟きを見たことも、「ああ、億も稼いだ人が投資する通貨なら、きっと儲けられるに違いない」と思ってしまったからです。そして、リップルを購入するにはコインチェックがお手軽そうだった(夫がビットフライヤーを利用していた為、私もビットフライヤーにしたかったのですが、リップルを扱っていないので断念しました。)ので、2018年1月にスマホで登録手続きをし、1週間くらいでハガキが届いていよいよ売買が出来るようになりました。専業主婦でお金がそんなに無いので、とりあえず10万円を入金し、売買のタイミングを計っていました。しかし気が小さいのかバカなのか、儲けたいけれども絶対に損はしたくないので、「ビットコインなら100万円くらい、リップルなら100円くらいになったら買うぞ」と自分の中で基準があり、なかなか全然そんな値段にならないので買えない日々が続いていました。そんな、「お金をただ入金しているだけ」の状態が続いたある日、コインチェクからスマホのメールにお知らせが…見ると何やらネムに関して不正があったので、ネムの取引を制限しているというような内容の通知が…おや?と思いコインチェックにログインしても、コインチェックからは詳しいお知らせも無く、ただサイト内のチャットのコーナーで皆が騒いでる感じでした。そしてその後制限はビットコイン以外の他の全通貨にもおよび、ビットコイン以外は売買出来ない状態になってしまいました。私は、マウントゴックス事件を思い出し、よく難しいことは理解できていませんが、「結局、問題が起こった時って安く買えるチャンスなんじゃね?」くらいにしか思えないので、「とにかく今なら安く買えるだろう」と、画面に張り付いていました。今こそ、通貨を買うタイミングなのだ…と。そう、ニュースにもなるほどの事件。「コインチェックがハッキングされ、ネムが約580億円分盗まれる」こんな事、仮想通貨自体の存続の危機にもなりかねない大きな事件です。今買わないでいつ買うのだ?という心理になっていました。もう、コインチェックではビットコインしか選択できませんが、こんな時にも規制が入らないことはかえってビットコインの価値を上げることにもなりそうだし、ビットコインでいっか、と思いました。そして、結局1ビットコインが113万円の時に、「9000円分」という微妙な金額で購入しました。やはり、私は気が小さい…ですがコインチェックがどうなるか分からない時に、大きな金額は怖くて動かせませんでした。そして、こんなことになるなら最初からビットフライヤーにしておけば、安全に、コインチェックに登録した人を憐れみつつ暴落したビットコインをたくさん掴むことができたかな、と少し悔やんでいます。しかし、きっとコインチェックも預けた日本円は返してくれるはず…と信じて、今後の成り行きを見守って行きたいと思っています。そして、やはり安易に儲けようと思って手を出してはいけないな、という勉強になりました。今後はもっと勉強し、大きなリターンは期待できないけれども株式などにも投資できれば、と思っています。